無法松の一生

劇団青春座創立60周年記念

第43回北九州芸術祭参加・劇団青春座194回公演

岩下俊作・原作 鶴岡高・脚色 井生定巳・演出 井生猛志・制作

<北九州公演>

日時

2005年5月14日(土) 

開場18:00 開演18:30

2005年5月15日(日) 

開場13:00 開演13:30

会場  

北九州芸術劇場 大劇場

(リバーウォーク北九州6F)

入場料 

一般 前売り3,000円 

   当日3,500円 
学生(大学生以下)2,000円 

       当日2,500円
※全自由席

<飯塚公演>

日時

2005年5月22日(日) 

開場12:00 開演13:00

会場  

嘉穂劇場 電話0948-22-0266

入場料 

1階指定席 3,000円 [当日 3,500円]

2階自由席 2,000円 [当日 2,500円]

 

□後援 飯塚市教育委員会 飯塚文化連盟

不朽の名作 再演!

 日本の男らしさを真っ直ぐに生きた、本場小倉の無法松。

吉岡夫人へのやるせない恋慕の情を、祇園太鼓のバチに託して、無法松の暴れ太鼓が鳴りひびく。

昭和20年10月、北九州で誕生した劇団青春座が、六十年の伝統を賭けて不朽の名作十八番の無法松に挑む。

 

代表 井生定巳より

「昭和20年10月に創立された劇団青春座が60周年を迎えました。

これまで193回の公演を実施し数々の賞も受賞しましたが、それは過去のことです。 今年から青春座は新たな歴史を刻みます。芝居が「心豊かに生きる為に」必要だと考えるからです。 新しい青春座にご期待下さい。」

 

>無法松の一生ホットニュース

写真館

嘉穂劇場で暴れ打ち!

5月22日(日)嘉穂劇場は熱気に包まれました。

開場前から詰めかけた大勢のお客様の拍手が劇場を揺るがし、60周年記念公演の幕を下ろしました。