暑気払い公演「朗読と芝居の二本立て公演」

劇団青春座216回公演

東江里子・作 井生定巳・演出 坂根啓子・朗読

日時

2011年7月16日(土) 

①開演15:30 ②開演18:30

・7月17日(日) 

③開演12:30 ④開演15:30

 

 

会場  

北九州芸術劇場 小劇場

 

入場料 

一般 前売り2,000円 

   当日2,500円 
学生(大学生以下)1,000円 

       当日1,500円

 

暑気払い公演「朗読と芝居の二本立て公演」

◆芝居◆「起死回生の男たち」

 

カンヌ映画祭で新人賞を取った映画監督の熊谷。

それから20年、今や借金を抱え彼の会社は倒産寸前。

今日は、そんな彼が映画人生をかけて撮った作品、「知らなさすぎる男」の完成試写会。

スペシャルゲストとして呼ばれたのは、映画の主人公と同じ記憶喪失で正体不明の青年マサト。

マサトは記憶をなくしたままグループホームで働き、今や施設のお年寄りたちの人気者。

それがマスコミに取り上げられ、一躍“時の人”となる。

彼の存在に目をつけた熊谷は、試写会にマサトを登場させることで映画をブレークさせようと企むが…。

映画の主役桐谷は元アイドルグループの一員で、今は売れない役者。

契約を切られようとしている雑誌記者の近藤は、マサトの母親と名乗る女を連れてくる。

転落ギリギリの境界線を歩いている男たちの思惑を抱え、試写会が始まろうとしている……。

 

 

◆朗読◆ 森鴎外「高瀬舟」

 

弟殺しの罪で遠島に処せられ、高瀬舟を舟で下る喜助の顔は、なぜか爽やかだった。

安楽死の問題に触れた森鴎外の名作。

キャスト・スタッフ

「暑気払い公演」キャスト・スタッフ.pdf
PDFファイル 890.7 KB

チケット

  • 北九州芸術劇場プレイガイド(店頭のみ)TEL093-562-2655
  • ローソンチケット《Lコード88985》 TEL0570-084-0080
  • チケットぴあ・セブンイレブン《Pコード422-700》 

TEL0570-02-9999

  • 小倉井筒屋プレイガイド(新館8F) TEL093-522-2682
  • 劇団青春座(郵送無料) TEL&FAX 093-922-4995   

 

お問い合わせ 

劇団青春座 TEL&FAX 093-922-4995

写真館