野枝の子守唄

第46回北九州芸術祭参加・劇団青春座206回公演

橋本和子・作 井生定巳・演出 佐藤鈴子・制作

日時

2008年4月19日(土) 

開場18:00 開演18:30

・2008年4月20日(日) 

開場13:00 開演13:30

 

会場  

北九州芸術劇場 中劇場

(リバーウォーク北九州6F)

 

入場料 

一般 前売り3,000円 

   当日3,500円 
学生(大学生以下)2,000円 

       当日2,500円
※全自由席

親子室 要予約 無料・3組

 

大正ロマンの蔭に咲いた大きなあだ花伊藤野枝

伊藤野枝は明治28年福岡県糸島郡今宿の貧しい瓦職人の家に生まれ、親類の援助で東京上野女学校を卒業。親の決めた結婚を拒んで出奔し同校の英語教師辻潤と結婚。また結婚問題を通じて家族制度の矛盾を痛感し、平塚雷鳥を中心とする青鞜社に参加。著作活動で<新しい女>の一人となった。

 

大正4年後期「青鞜」を主宰、アナーキストの大杉栄に近づき弱者の正義に生きようと、大正5年、夫と子を捨て世間の非難をこえて彼と同棲し、「文明批評」「労働運動」などを共に編集する。大正12年関東大震災直後の9月16日、甥の宗一と大杉と共に憲兵大尉甘粕正彦に虐殺された。

わずか28才の生涯で3度結婚し7人の子を産み、多くの評論、翻訳などを残した。

 

>連載「野枝の稽古場日記」

キャスト

写真館