女たちの壇之浦

第19回国民文化祭・ふくおか2004「とびうめ国文祭」

第12回北九州演劇祭特別企画・劇団青春座193回公演

柏田道夫・作 井生定巳・演出 佐藤鈴子・制作

日時

2004年11月6日(土) 

①13時30分開演 ②18時30分開演

・2004年11月7日(日) 

①13時30分開演 

 

会場  

北九州芸術劇場 中劇場

(リバーウォーク北九州6F)

 

入場料 ※全自由席

一般 前売り3,000円 

   当日3,500円 
学生(大学生以下)2,000円 

       当日2,500円

親子室 要予約 無料・3組

平家滅亡の蔭で戦った女たちの時代絵巻

元暦2年(1185年)3月24日、壇之浦で滅亡した平家一門。

清盛の妻・二位の尼時子は一門の栄華を築いた清盛を支え、頂点をきわめようとして、安徳天皇と共に壇之浦にて果てる。

安徳天皇の母・建礼門院徳子は、自身も入水するが助けられ、後白河法皇の影を負いながら、尼となって京の大原で天寿をまっとうする。

清盛の五男・重衝の妻輔子は、安徳天皇の乳母として入水、徳子と共に助けられるが、処刑される夫との今生の別れに命を賭ける。

時代の大きなうねりに翻弄されながら、それぞれの「愛」を貫いた三人の女たち。

悠久の流れ壇之浦に、哀切の女人たちがよみがえる。

 

★特別協力  川内戦国村

★特別出演  日本創作舞踊 若生流        

       ファンキーマーブル・ダンスカンパニー